スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ 応援クリックはこちらで

樹脂粘土

きめが細かくて、よく伸びるので、
小さいもの薄いものが作りやすく、
ミニチュア製作には欠かせない材料です。

乾燥しても柔軟性があり、
着色せずに乾燥させるとわずかに透明感があります。
その透明感を残して着色する場合は、
透明水彩絵具や水性ペン、タミヤクリアカラーで着色し、
逆に不透明にする場合は、
白を混ぜるかアクリル絵具で着色します。

樹脂粘土にはレジックス、グレイス、コスモスなどがあり、
それぞれ発色や収縮率などが異なります。
特徴を生かして粘土を使い分けたり、
自分に合う粘土を見付けて使うと良いと思います。
ちなみに私はグレイスを使っています。

ペースト状の樹脂粘土もあり、
用途によってはたいへん便利です。


☆ こちらで購入できます ☆
レジックス 150g
樹脂粘土 グレイス
樹脂粘土 コスモス
樹脂粘土 液状粘土

↓ 応援クリックはこちらで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。